人気ブログランキング |
京都プチツアー1 ①
散歩が好きなので、休みの日は出かけることが多く、
仕事場のある京都にもよく出かけます。

しかも、食べることに目がないので、
お昼やお茶っていうのが欠かせない遊びとなっています。

先日は通勤定期のあるJRで、京都駅まで出ることになりました。
お昼は久しぶりに、伊勢丹上の「京都拉麺小路」へ。
横浜にあるラーメン博物館みたいな、全国のラーメン屋さんが集まった商店街。

みなさんは、しょうゆ・みそ・しおではどの味が好きですか?
ぼくはしょうゆ派なのですが、なかなか食べることのないしおにも惹かれます。
今回は「上方ざんまい屋」というお店の「天塩ラーメン」に目がとまりました。
お店自体もしおにこだわったラーメンを出すようで、
今までもう一息だった、しおラーメン達に一喝をという思いでした。

美味しそうな湯気を立てて出てきた麺。

まずは、スープから。
見た目のこってり感からは想像できない、スッキリした口当たり。
しかも、こくがあって味に深みがある。
これは、色々なラーメンを食べてきた中でも、五本の指に入るのではという思い。

スープが絡んだ細麺をすする。
しっかりした固めの麺が、食べ応えを増し、どんどん食べれちゃいます。
お腹が空いていたのも手伝って、猫舌もどこかにふきとんだ感じです。

800円ほどで、この短い時間に幸せを感じれたのは、とってもラッキーでした。

text by adachi
# by iremonya | 2006-06-16 09:36 | みやこ日記(京都本店)
マイ フェィバリット シングス
片づけ中、ダンボールの中から
コルトレーンの『My Favorite Things』がでてきました。

僕が学生時代に愛聴していた懐かしい一枚です。

針を落とすと、当時の甘っちょろい自分や時代の空気、などが蘇り、
新鮮な感覚を受けました。

たまにはこういう感覚もいいものですね。

text by takeoka


マイ フェィバリット シングス_b0087378_20132634.jpg

# by iremonya | 2006-06-15 20:03 | みやこ日記(京都本店)
C O C O
トコトコトコ
我が家に‘C O C O ’がやって来ました。
C O C O はたくさんの種類がある CHILD BOX のひとつで、引き出し式のいれもんです。私が日々、置きっぱにしているあれこれをすっきりと収め、満足そうな顔をしています。


             text by KURATA
# by iremonya | 2006-06-07 00:12 | みやこ日記(京都本店)
腐れ縁と信頼。
大学の入試会場で知り合った人物で、いわゆる「腐れ縁」と呼ばれる
友人がおります。恐らく関西で一番オシャレであるその友人は、
最近ではその格好がオシャレかどうかさえ判断できない域に達しています。
大学時代もスーツを着て授業に出席していたほどで、
オシャレ~、というより、えっ!?、という眼差しを
他の学生から注がれていました。
そんな友人が、今年の3月に京都市内に自らのお店をOPENさせました。

学生時代から某アパレル店で働いていた彼は、
多くのお客様から信頼を得ていました。
新しい店をOPENさせてからは、そのお客様のほとんどが
彼のもとに付いていき、度々お店に顔を出してくれているそうです。
そうした話を、とても喜んで、そして周囲の人にとても感謝しながら
話していました。

やはり、小売店で働く者として、お客様に信頼して頂くことは
非常に嬉しいことです。
お店の印象というのは、売っている商品はもちろん、
お店の建物や、雰囲気、店員の接客など、様々な要素によって
決まってくると思います。
そんなたくさんの要素のなかでも、あの店員がいるから、あの店員なら、
と感じてくださる方がお一人でも増えて頂ければ・・・、
という目標を胸に日々努力していきたいと思っています。
宜しくお願いします!

※掲載している写真は、いずれもその友人のお店です。
「guji (ぐじ)」という名前です。
  京都の方はすぐに気付かれると思いますが、
魚のグジからとったそうです。
  六角通り柳馬場東入る南側にありますので、
お時間がございましたら、一度覗いてみて下さいね。


text by tamura
# by iremonya | 2006-06-06 23:57 | みやこ日記(京都本店)
ハンサム
カナイの実家には「ほだか」というとてもハンサムな柴犬がいます。
IREMONYAのEDDIEのように、素晴らしい顔のバランスです。

贔屓めに見ても、そこらにいるコよりもハンサムでカッコイイんです。
自分の飼い犬じゃないので、他の犬と比べても
親バカってことはないですよね。

しかしながら、あまり会わないので、たまにお邪魔した時なんかは、
親の仇みたいに吠えられます。
ひとしきり落ち着くのは、ご主人と何気ない会話をし出して、
知り合いだと気付いてくれてからなんです。
それ以降は、所定のソファに陣取ってのんびりしてるように見えます。

ところが、手を近付けようもんなら、低い声で唸るので、
スキを見つけてお腹をさすってやると、即服従って感じです。
きっとわがままに育てられたに違いありません。
散歩の時も絶対ご主人の前を歩いてるし、
なかなか帰ろうとしないんですもん。
ま、何か分かりやすくて、そこがまた愛らしいんですけどね。

ビーフジャーキーと雄犬に目のない「ほだか」ですが、
大きな弱点があります。
それは写真写りが非常に悪いこと。
何度写真を撮っても、カッコ良く写らないんです。
うまく撮れたらそれは奇跡の一枚として、永久保存になります。
最新の写真を見てやって下さい。

text by adachi
# by iremonya | 2006-06-06 12:34 | みやこ日記(京都本店)
IREMONYA STAFF サンキュー!!
本日は29日クローズ後、お店の2階であった素敵&ビックリなIREMONYA話です。

普段、ミーティングは前もって『この日にしよう!』と決め、店の2階のソファ席で閉店後に行います。ですが、この日は夕方くらいに徳田より『今日は急だけど、ミーティングしておきたい事があるからみんなに伝えておいて』と言われミーティングをする事になりました。何か急ぎの用かな・・と思いながらいそいそと閉店準備へ。
急にミーティングを行う事は珍しくないので、この時点ではまだ何も気付きません。

閉店作業に時間がかかり、ミーティング開始予定時間がギリギリになる事もしばしば。
そんな時は、たいてい徳田が『まだ〜??』という顔でLABOから店へやってきます。
STAFFみんなで、あー、早く終らせなきゃ!っていう感じです。
さぁ、閉店作業も完了!ミーティングを始めようと足立と竹岡と私の3人が先に2階へ。
いつものようにソファ席へ向かう私に、竹岡が『徳田さんが今日はDINNER&CAFEでしようっておっしゃってたんで・・』と。たまには気分を変えて、いいかも。今日はDINNERで行う事になりました。

(皆さんが普段うちの店で見ておられる家具でミーティングをしているんです。使い心地も試しています。閉店後のIREMONYAはこんな感じなんです。皆様ご存知でしたか?)

3人で徳田と倉田が来るのを待っていると、突然2階の電気が消され・・・
えーっ!なんと、徳田がケーキを運んで来てくれました。それもちゃんとローソクに火をつけてくれて。倉田はご近所さんのプーゼさん(お花屋サン)で作ってもらったというローズの髪飾りを私の髪へ挿してくれました。
ケーキには 平井奈月店長 HAPPY BIRTHDAYの文字が!
そうです5月30日は私の29回目の誕生日。みんな、アリガトーゥ!!
なんてイイSTAFFなんだろう。すごく嬉しかったです。胸がいっぱいになりました。

そしてケーキはご近所さんで今年オープンされたお店 『PA´TISSERIE salon de´ the m.s.h』サンが作って下さいました。オーナーさん有難うございます。とっても美味しかったです。しかもイチゴがハートにカットしてあってとっても可愛かったぁ。アリガトウゴザイマス☆

ちなみに、こちらのお店はIREMONYAのテーブルをご使用頂いております。
私も先日、お店に寄せて頂きました。路地を通り中へ入ると、フランスの南地方を思わせるような可愛いお店が目の前に。庭を眺めながら、中の席でケーキを頂くとゆったりとした時間が流れ、とっても落ち着きます。この日はお麩が入ったロールケーキを頂き、根っからの京都人である私も、お麩が入ったケーキは初めてです。食感が新鮮で、ケーキも美味しかったです。

そして話は、お誕生日会に戻り・・
でも、なんで??この事を知らなかったのは私だけ?
そうなんです。翌日30日は私が休みなので、今日やろう!みんなは前々から打合せしてくれてたんです。
竹岡と足立は私を2階へ誘導し『徳田さん、なんか機嫌よくなかったよね。何かあったんかな』という話をし、ビビらせておく役。足立チーフは、ミーティングで使用する書類もいっぱい2階へ持って行って演出上手すぎです。竹岡が入口側の席を勧めたのも徳田が2階へ上がってくる瞬間、ガラスに映ってバレないようにしたかったんだそうです。おかげでびっくり、足立チーフ、竹岡くん素敵な会を有難う。

徳田は前々から『ケーキの上にはこう書いて欲しい。』とお願いし、頼んでいたケーキを夕方取りに行ってくれてたんだそうです。行ってられたの知らなかった・・。いつも有難うございます。
楽しい事を考えてる徳田さんは、誰よりも目がキラキラ。彼のこういった部分がデザインや店づくりに現れて今のお店があると思います。これからも楽しい企画を皆さんに届けたいですね。

倉田はお花を買いに行ってくれて、美味しい紅茶も入れてくれました。お昼から帰ってきてもお腹空いてる倉田に、どうしたのかなと思ってたけど、こういう事だったんだね。しかも徳田さんが何か書き足したくなるかもとチョコペンも用意してくれてたなんて。よく気がついてくれて有難う。これからもお店よろしくね。

田村くん、お休みだったのでゴメンね。でもケーキちゃんと取っておいたからね。

みんなと一緒に仕事ができて幸せです。IREMONYAがあるのは、みんなが居てくれるからです。仲間っていいですね。最高のお誕生日会でした。
今年もイイ年にするように頑張るね。サンキュ、みんな。アリガトウ☆

<ご紹介>
PA´TISSERIE salon de´ the m.s.h  
パティスリー サロン ド テ エム・エス・アッシュ
京都市中京区押小路通麩屋町西入ル橘町630
11:00AM〜8:00PM
075-212-5388
木曜休
Text by HIRAI
# by iremonya | 2006-06-01 09:59 | みやこ日記(京都本店)
湯けむりさん
「今日の猫村さん」第2巻購入。
大人なので、限定の湯けむりバージョン。



限定セットの中身はてぬぐいと石けんでした。
あまり期待してなかったのですが、
思った以上によいセットでした。



てぬぐいは猫村さんの顔がぎっしり。
しかもカラー!
怒り顔の猫村さんがナイスです。



石けんはパッケージだけでなく、
石けん自体にも猫村さんの顔が!
こんなの可愛すぎて使えません......。

湯けむりバージョンかなりおすすめです。

今回は辛酸なめこさんの推薦文がなかったのが
唯一さみしいです。

本の内容は...
ワンコのステテコがかなりキュートです。
ストーリーもハラハラドキドキの
展開で目が離せません!

3巻が待ち遠しいです。
また一年後になるのでしょうか..。



text by takeoka
# by iremonya | 2006-05-31 19:10 | みやこ日記(京都本店)
ロナウジーニョ
皆さん、先日のNHKスペシャルはご覧になられましたか?
ズバリ「ロナウジーニョ」の特集でした。

凄いです!凄いですよね?ロナウジーニョ。

私もサッカー(観戦&イングランド代表)が大好きですので、凄いのは知ってましたが
改めて見るとホントに、別格なんだなーと思いました。

ペナルティーエリアの外から、リフティングしながら(地面に一度も落とさずに)ゴールバーに4回連続(跳ね返って来て)で、当てるNIKEのCMをご存じでしょうか?
これが、合成なのか本当にやっているのか議論を呼びました。
ユベントスのイブラヒモビッチが、「あれは合成。あんなの絶対ムリ。」
と断言したほどです。
そこで、世論調査を実施したところ50パーセント以上の人達が、実際にやっていると
思うと答えたそうです。

普通に考えたら、到底不可能だと思ってしまうワザ。
けれど多くの人が、「ロナウジーニョならやるかも・・・」と思っているのです。
事の真偽は明らかにはされていないそうですが、この話で私が強く興味を持ったのは、
この「ロナウジーニョならやるかも・・・」という感覚です。

彼には、単純に「出来ない」と断定できない期待感や可能性、そして信頼性があるの
です。そして、この期待感や可能性、信頼性こそエンターテイメントやブランドの要素
そのものではないでしょうか?

観衆、いや同じピッチの上のプレーヤーでさえ、次に彼がどんなプレーをするのか
ワクワクしてしまう・・・。
そして何より、やってる本人が一番楽しそうなのが、またカッコイイ!!
バルセロナやブラジルの試合という「エンターテイメント」で、ロナウジーニョと
いう「ブランド」を求めて、人々はスタジアムを超満員にするんだなーと思いました。

早速、ウイニングイレブンの私のレアルに、ジダンとシシーニョとロビーニョの
3対1(+金銭)でオファーしたいと思います。


「IREMONYAなら・・・かも」と、一つでも沢山、言っていただけるように、楽しみ
ながら頑張って行きたいと思います!

text by TOKUDA
# by iremonya | 2006-05-30 20:49 | みやこ日記(京都本店)
コラボレーション
皆様、ご無沙汰しております。店長の平井です。
IREMONYAブログも始まってから、まもなく1ヶ月になり、楽しみにして下さっているお声も
頂き大変嬉しく思っております。有難うございます。

私は先日の土曜日、京都宝ヶ池国際会議場にて行われた裏千家地区大会に振袖を着て
お手伝いに行って参りました。私は、表彰される方々を舞台へご誘導する係です。
たもとを踏み転んだりしないか・・・と緊張しながらも無事終えて参りました。
私は指示を頂き動いただけで役員の方はご準備大変だったと思います。お疲れ様でした。

そしてこの日、スマステーションという番組で『歌舞伎・松本幸四郎さん』の特集をされて
いました。ご存知のように九代目松本幸四郎さんは歌舞伎だけでなくミュージカルやTV
など幅広くご活躍されている方です。
最近ではコラボという言葉をよく耳にしますが、他の仕事をされている方との共演は、大変
なご苦労があり、大きな情熱と信頼があったからこそ成功をおさめられ、今日にも多大な
影響を与えておられるのだと知りました。
私事ながら、祖父を思い出し、家にあった本をじっくりと読みたくなりました。


左:十世 竹澤弥七(祖父) 中央:八代 松本幸四郎 右:八世 竹本綱太夫

私の祖父も先代の幸四郎さんと『日向嶋』という舞台をご一緒させて頂きました。
新しい事をする時には賛否両論の意見が出ますが、当時も文楽の太夫と三味線弾きが
歌舞伎俳優と同じ舞台に立つ事は、文楽の太夫が話す言葉を俳優にとられたり、マも
曲節も音程もくずされ義太夫節の独立がそこなわれるのではないかという意見から
『文楽の長い伝統を無視した軽率な行為であり認められない。』 、また『そんなタブーを
かざしていて今後の文楽の発展があろうか他の芸能とも交流を持ってゆくべきだ』という
意見が入り乱れ、新聞にも大きく取り上げられたそうです。

ですが、当の本人達は歌舞伎の素晴らしさも解っているし、幸四郎さんも文楽の良さを
解って下さっている。どちらが上・下でなく、自分達の持っている力を最大限に引出し
皆さんに観て頂く舞台を最高の物にしたかった。
その気持ちが強かったから、周りから何と言われようとも舞台をつくりあげ、好評のうちに
終えられたのだと私は思います。
(結局、文楽の本行(文楽のスタイル)を崩さないという事で話が落ち着いたそうです。)


幸四郎さんは『初日の公演の後、3人で素人のように子供ようになってオイオイ泣きだしました。感激の頂点だった。日向嶋の仕事は一生のうち最後の仕事になるのではないかもと思ってみるのです・・。』と語られたそうです。

最近、色んな雑誌を見てもどの世界でもコラボという言葉を聞きますがどのコラボにもこんな舞台裏があるのだろうなぁと思いました。
大きな情熱と信頼を持って進めば何事も動かせるような気がします。
そういった気持ちで何事も取組みたいものだと、つくづく思いました。

text by HIRAI
# by iremonya | 2006-05-24 00:35 | みやこ日記(京都本店)
日本代表メンバー決定!
先日15日、待ちに待ったサッカーW杯の日本代表が決定しました。
非常に嬉しい事に、我が日本では4年に一度の恒例行事となり、
毎回、サプライズ選出が話題にもなっています。
98年はキング・カズとキー坊こと北沢選手の落選、
02年は中村俊輔の落選と秋田豊の選出。

そして今年は、久保選手の落選と巻選手の選出が話題になりました。
しかし、今回最も悔やまれたのは、MFの松井大輔選手の落選です。
キャプテン翼の実写版と言われ、京都サンガの魂を持った天才ですが、
ジーコ監督には必要なかったみたいです。
フランスリーグの月間MVPにも輝いた選手なんですけど・・・。



次回のW杯に向けた若手選手が、一人も選ばれなかったのも非常に残念ですね。
平山相太、長谷部誠、茂庭照幸、今野泰幸・・・と、
たくさんの優れた才能が、4年間もの間埋もれたままになってしまいます。
日本サッカーの未来はどうなってしまうのでしょうか・・・。
学生時代は、こんなことを徹夜で友人と語り合ってました。
そして自分だけの日本代表を作ったもんです。
男子って、考えることが幼いですよね。
でもこれは、女性には分からない男の楽しみでもあるのです!

とりあえず、今回選ばれた23選手には頑張って欲しいですね。
同い年の、いわゆる黄金世代の選手が8人も選ばれましたし。
なんとか1次リーグを突破できるように、みんなで応援しましょう!
そして、次の日の生活に悪影響を及ぼさないよう気をつけましょう!

text by tamura
# by iremonya | 2006-05-20 01:05 | みやこ日記(京都本店)



営業時間 11時~19時
by iremonya
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30