人気ブログランキング |
今も昔も…
最近、司馬僚太郎の歴史小説を読み返してます。

なかでもお気に入りは城塞。

簡単に解説すると関ヶ原の戦い以降、繁栄していく徳川家と
それに反比例して衰退していく豊臣家のお話です。

これを読んでると、虚しい気持ちと、ワクワクする気持ち
両方に襲われます。

まず徳川家
関ヶ原以降はぐんぐん勢力を伸ばして、悪謀を重ねて
好き勝手やってます。
この時代の天下人は現代の上場企業のIT社長のような感じなんですかね
他社の株を買いあさって子会社化していくような…

続いて豊臣家
太閤亡き後は、衰退の一途をたどっていきます。
やり手社長の秀吉から、ブランド大好き淀殿へシフト後は
もう悲しくなります。

いつまでも過去の栄光にだけしがみついて、
有能家臣は皆IT社長のもとへ流れていきます。
残った仲良しOLが役員の会社みたいな感じです。
その後IT社長こと徳川家康に潰しにかかられて
やっとこさ、世に溢れた浪人を雇い始めます。
浪人は現代でいうフリーターもしくはリストラされたサラリーマンですかね。
この中に、かの有名な真田幸村などもいます。

長くなりましたが、結論としてはなんというか
今も昔も社会は大して変わってないのかもしれないです。

微妙な締め方ですがこのへんで

text by yamagata
by iremonya | 2007-09-04 21:23 | みやこ日記(京都本店)
<< 郷土デザイン ~その4~ 聖地へ! >>



営業時間 11時~19時
by iremonya
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30